漢方専門 大山漢方堂薬局 厳選漢方薬
岡山大学医学博士 徳島大学薬学修士 大山博行

アルツハイマー病の進行を抑える漢方薬発見!
病気の進行を抑制する加味温胆湯

アルツハイマー型痴呆
何かの原因によって脳の神経細胞が壊れて、脳が萎縮してしまうのが、このアルツハイマー型痴呆。
しかし発症のメカニズムや原因が、残念ながらまだはっきりとはわかっていないため、治療法ゃ予防法が難しいといわれています。
現在わかっている原因は3つ。
まず1つには、アルツハイマー型痴呆の犯人のひとつとして、はっきりとわかっているのは、アミロイドたんぱくという物質だということ。
その中に分類されるベータたんぱくと呼ばれる物質が、脳の中に異常に増えて沈着し、老人斑を形成します。
2つ目は、脳の中で情報をやり取りする神経伝達物質であるアセチルコリンの量が減っていくため。
それによって、記憶その他が障害されるのです。
最後の原因は、遺伝子。
アポE4型というタイプの遺伝子を持っている人は、持っていない人よりも数倍アルツハイマー型痴呆になりすいというデータがあります。

また、生活環境からアルツハイマー型痴呆になりやすい人を探っていくと、
脳しんとうを起こしたり、意識を失うほど頭を打ったことがある人は、かなりリスクが高くなるという結果も。
これは、脳の傷を治すためにアミロイドたんぱくが生じるためです。
またカロリーの摂り過ぎや肥満、運動不足なども脂肪が溜まり発症の引き金に。
さらに性格が関係する場合もあります。趣味がない、モノグサで何もしようとしない人など。
脳は使わないとサビついてしまい、記憶力や働きが低下してしまうのです。

この病気は、症状が3期に分かれ、ゆっくりと進行していくのが特徴です。
第1期は物忘れが多くなり、自分で何かをやろうという意欲がなくなる、怒りっぽい、うつ状態など。
第2期は、会話がおかしくなる、着替えができない、料理が作れなくなる、ときい徘かいする。
第3期になると寝たきりになって、問いかけにも反応しなくなるなど、介護が必要となります。

治療薬が期待される中、画期的な漢方薬発見!!

はっきりとした原因がわからず、発症したら治らない病気と言われているアルツハイマー型痴呆。
その人がいままで蓄積してきた知識や教養、能力を少しずつ破壊していき、直前のことも記憶に留められずに、行動自体を忘れてしまう。
このような症状がこの病気の特徴です。老いるということは、体のあちこちの機能が少しずつ低下していくことでもあります。
その中で、人格さえも奪っていく厳しい病気といえるでしょう。

高齢化社会を迎え、アルツハイマー型痴呆は年々増え続けています。
社会生活はもとより、日常生活までも人の手を借りなければならないこの病気は、医療費や介護問題、施設の充実など、
現代の日本が抱えている深刻な社会問題のひとつとして捉えられているのです。

そのような中で、最近、東北大学と北里研究所の共同研究で、アルツハイマー型痴呆に関する画期的な発見がありました。
漢方薬を始めとする4種類の併用療法が、病気の進行を遅らせたり、発症の予防にかなりの効果を発揮するというのです。
その威力は、既存の治療薬と比べて、数倍から10倍とも。

主な成分は、加味温胆湯という漢方薬と、女性ホルモンのエストロゲン、抗炎症薬、ビタミンE。
これらの併用療法によって、脳の萎縮を引き起こすアセチルコリンの減少や、老人斑の除去、
また蓄積を抑えることができ、認知機能の低下が抑制されるというのです。
医学界だけでなく他分野からも熱い期待が寄せられています。

建林松鶴堂の「雲胆」は、この加味温胆湯を製品化した漢方薬です。
本人にとっても、またアルツハイマー型痴呆病人を抱える家族にとっても、期待のニュース。
健康な体で老後を迎えることは、長寿国・日本の最大の課題といえそうです。

 「雲胆(うんたん)」90包入り、30日分 ¥7780(税込)

大山漢方堂薬局 商品 「雲胆エキス顆粒(うんたん)」1回1包、1日3回服用。
特別割引価格 90包、7350円(税込み、送料、手数料込)。
特別割引価格 210包、15750円(税込み、送料、手数料込み)
特別割引価格 420包、26800円(税込み、送料、手数料込み)
クロネコヤマトの代金引換にて、今すぐ発送できます。
お問い合わせ:大山漢方堂薬局 0283-22-1574(イゴ・不安・ナシ


建林松鶴堂「雲胆」エキス顆粒ニュース記事より引用

お問い合わせ:大山漢方堂薬局 0283-22-1574(イゴ・不安・ナシ)

注)雲胆(うんたん)エキス顆粒を30日間服用して、効果に満足できない場合は、
大山漢方堂薬局 調合漢方薬(オーダーメイド)をお勧めします!!!
大山漢方堂薬局に、一度、お電話ください。0283-22-1574 

 佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

雲胆(エキス顆粒)解説 (剤型:エキス顆粒)

  

品名(効能・効果)
 雲胆
加味温胆湯
(原典:衆方規矩)
胃腸が虚弱なものの次の諸症:神経症、不眠症
(210処方適応症)


処方(松鶴堂加減)
遠志
玄参
大棗

陳皮

半夏 生姜 黄連 茯苓 甘草 竹如 酸棗仁 枳実

人参 地黄

麦門冬 山梔子 当帰 辰砂


原典(効能・効果)
加味温胆湯
千金方

万病回春

注:210処方では、麦門冬、山梔子、当帰、辰砂の4生薬は入っていません。
(注)加味温胆湯は、210処方のひとつですが、出典により配合生薬に違いがあります。
詳細:参考事項参照

処方解説
・半夏は、鎮静、制吐、去痰の作用があり、竹じょと組んで鎮静に働きます。
・竹じょは、鎮静作用があります。
・茯苓は、鎮静作用があり、消化管内の余分な水分をさばきます。
・枳実は、陳皮と共に胃腸機能を調整し、茯苓の効果を強めます。
・大棗・甘草は、諸薬の調和をし、また鎮静の効があります。
・酸棗仁・遠志は、不眠・精神不安に効があります。
・玄参・人参・地黄は、新陳代謝を亢めて体力を補います。

使用目標
・大病後などで神経が弱っている人の不眠に。
・普段から胃腸が弱く、神経過敏となっている人。

  

雲胆(エキス顆粒)について
 雲胆(エキス顆粒)は、加味温胆湯で210処方のひとつですが、加味温胆湯には複数の出典があり、加味方に違いがあります。
注:現在、「加味温胆湯」で販売されているものは、雲胆(エキス顆粒)と同じ配合生薬のものです。
雲胆(エキス顆粒)は、「衆方規矩」を原典としたもので、温胆湯に遠志、玄参、人参、地黄、酸棗仁、大棗が加味されています。
 「衆方規矩 不寐門」には加味温胆湯について、次の様に書かれています。
-病後虚煩して睡臥することを得ず、及び胆虚怯し、事に触れて驚き易く短期悸乏するを治す。
この文から、加味温胆湯が病後に神経が昂ぶって不眠、神経症となっているものに使われていたことがわかります。
 また、温胆湯は、二陳湯が基本となっているので胃腸の弱い人に適用できます。

なお、遠志が配合された加味温胆湯は、臨床の場でアルツハイマー症の物忘れの患者に用いられ、
痴呆(アルツハイマー症)との関連の研究発表が注目を集めています。

使用上の注意
 添付文書に記載の「使用上の注意」を併せて必ずご参照ください。

参考事項
〈アルツハイマー症関連の研究発表〉
注:先にも記したように、加味温胆湯は、出典により配合生薬に違いがありますが、
以下に記すアルツハイマー症関連の研究発表に使われている加味温胆湯は、すべて雲胆(エキス顆粒)と同じ遠志の入った処方のものです。

1、「アルツハイマー病における加味温胆湯の効果」
漢方と最新治療・10(4);313-318,2001 鈴木朋子、荒井啓行、佐々木英忠
・アルツハイマー症20例に投与(コントロール32例)、MMSE(初期の痴呆診断プログラム)で認知能力確認・PETによる脳代謝測定。
9例でMMSE上昇改善があり、上昇がみられなかった者も徘徊、失禁、嚥下困難などが改善。
有効例では、腹診上全例に臍傍悸があり、性格的には生真面目で、易怒性、固執性が強い等の特徴がある。
2、「アルツハイマー症に対する加味温胆湯の臨床効果の検討」
第50回 日本東洋医学会学術大会講演要旨集 第49巻第6号 1999 4月
北里研究所・ 東洋医学総合研究所 矢部武士、鳥居塚和生、山田陽城
・特筆すべき副作用なし。有効例全例に臍傍悸を認め、全体に易怒性、切迫感、焦燥感あるものに有効の印象(20例、5〜13か月服用)
3、アルツハイマー型痴呆の漢方療法」 第12回和漢薬学会大会要旨集 1995
 山本孝之(福祉村病院長寿医学研究所所長)
・加味温胆湯は、老化の進んだ虚証のSDAT(アルツハイマー型老年痴呆)に有効であった。(70名に8週間投与)
4.「痴呆と加味温胆湯」 漢方と最新治療・10 (3);229-234、2001 山田陽城・矢部武士
・地方モデル動物において、加味温胆湯エキスで、神経栄養因子であるChATの活性増加作用及びアセチルコリン系の神経細胞の機能賦活作用を有する
NGFへの誘導作用は、遠志ぬきのエキスでは見られなかった。かつ、遠志単独エキスでも顕著なChAT活性増加作用、NGF誘導作用が認められたが、
加味温胆湯よりは活性が低い。
・加味温胆湯は少なくとも初期から中期にかけてのAD(アルツハイマー病)の進行抑制効果を有すると考えられる。
・加味温胆湯は、アセチルコリン系の神経細胞に対して作用し、アセチルコリン量を増加させるだけでなく、
神経栄養因子様の作用を示すことから神経細胞の脱落を減少させ、進行を防止する可能性のある点で極めて興味深い漢方処方である。
5、「中枢コリン作動系に及ぼす加味温胆湯の影響」
北里研究所・東洋医学総合研究所 山田陽城
・加味温胆湯は、ChAT、NGFの発現を直接増加させる。
6、「加味温胆湯と構成生薬のラット前脳基底野培養神経改善作用」
第10回和漢薬学会大会要旨集 1993
北里研究所・東洋医学総合研究所 矢部武士、鳥居塚和生、山田陽城
・加味温胆湯構成生薬のうちで、遠志、茯苓、枳実がラット前脳基底野培養細胞中のChAT活性上昇が認められ、
一味抜き加味温胆湯では遠志抜き加味温胆湯においてのみ上昇効果がほぼ完全に抑制された。
7、「漢方薬加味温胆湯の抗痴呆作用の分子機序」
上原記念生命科学財団研究報告集 13:48−50(1999)
北里研究所・東洋医学総合研究所 矢部武士
・ラットにおいて、加味温胆湯により細胞内cyclicAMP量の増加が認められ、中枢神経系に対する作用の発現に
cAMP−PKA(cAMP依存性カイネース)経路が重要な役割を果たしていることが示唆された。

<遠志について>
 遠志は、「神農本草経」上品に収載されている生薬で、次のように記載されています。
 「治ガイ逆傷中。補不足。利九竅。益知耳目聰明。不忘強志倍力。久服軽身不老。」

参考文献
 1)漢方処方応用の実際   山田光胤 南山堂
 2)漢方診療のレッスン    花輪壽彦 金原書店
 3)漢方処方解説        矢数道明 創元社
 4)漢薬の臨床応用      神戸中医学研究所 医歯薬出版
 5)中医処方解説        神戸中医学研究所 医歯薬出版

 「雲胆(うんたん)」90包入り、30日分

大山漢方堂薬局 商品 「雲胆エキス顆粒(うんたん)」1回1包、1日3回服用。
90包、7350円(税込み、送料、手数料込)。
特別割引価格 210包、15750円(税込み、送料、手数料込み)
特別割引価格 420包、26800円(税込み、送料、手数料込み)
クロネコヤマトの代金引換にて、今すぐ発送できます。
お問い合わせ:大山漢方堂薬局 0283-22-1574(イゴ・不安・ナシ


建林松鶴堂「雲胆」エキス顆粒ニュース記事より引用

お問い合わせ:大山漢方堂薬局 0283-22-1574(イゴ・不安・ナシ)

注)雲胆(うんたん)エキス顆粒を30日間服用して、効果に満足できない場合は、
大山漢方堂薬局 調合漢方薬(オーダーメイド)をお勧めします!!!
大山漢方堂薬局に、一度、お電話ください。0283-22-1574 

 佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。

お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。


「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine


<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp