犬 猫 うさぎ フェレット ペットの健康と漢方薬
皮膚病 アレルギー 耳の病気 骨の病気
呼吸器の病気 太りすぎ 不妊 ボケ エイズ
ペットの病気、ペットの悩み漢方相談

ペットの病気漢方相談

「お急ぎの場合は、直接、先生と、お話しください。0283-22-1607」

獣医東洋医学会 副会長 順天堂大学 医学博士 獣医師 小松靖弘

大山漢方堂薬局 岡山大学医学博士 徳島大学薬学修士 大山博行

無料相談電話受付
0283-22-1607
(月~金)
9:00~18:00


ペットの病気 漢方相談 お申し込みフォーム
犬さん、猫さん、ウサギさん、フェレットさん
(ワンコ、ニャンコ、ウサコ、フェレコさん)の
腸炎、外耳炎、皮膚炎、椎間板ヘルニア、気管支炎
心臓病、肥りすぎ、不妊、アレルギー、皮膚病、ボケ、エイズ
「犬の病気」胃拡張、胃捻転、クッシング病、免疫疾患、免疫異常、がん癌
「ネコの病気」ネコ伝染性腹膜炎、猫エイズ、猫白血病、がん癌
甲状腺機能亢進症、肝炎、肝硬変、ウイルス性呼吸器感染症
フェレットの悪性リンパ腫、すい臓癌、副腎腫瘍(悪性)
うさぎの子宮癌の悩み漢方相談




犬、猫、うさぎ、フェレットも人間と同じ哺乳類です。
人がかかる病気のほとんどはペットもかかります。
ですから、約2000年の英知から生まれた東洋医学は、
犬、猫、うさぎ、フェレット他、動物にもとても効果があります。

ペットの病気漢方相談

「お急ぎの場合は、直接、先生と、お話しください。0283-22-1607」

獣医東洋医学会 副会長 医学博士 獣医師 小松靖弘

大山漢方堂薬局 岡山大学医学博士 徳島大学薬学修士 大山博行

無料相談電話受付
0283-22-1607
(月~金)
9:00~18:00



  E-mail to Dr.Ohyama Kampo Pharmacy.


下記フォームに必要事項を記入して、「相談申込み」ボタンをクリックしてください。

または、このページを印刷したものに、ご記入頂き、FAXでお送りください。 (FAX 0283-22-1607)

折り返しメール(またはFAX)にてご返答致します。

お申し込みが集中する事があり、返答に1週間程要する場合があります。ご了承下さい。(先着順)

「 お急ぎの場合は、直接、先生と、お話しください。0283-22-1607 」

ご自身の体調や出ている症状等については、できるだけ詳しくご記入下さい。

                     サン自然薬研究所 「ペットの健康と食を考える会」会長、獣医東洋医学会 副会長 医学博士 小松靖弘

                     漢方専門 漢方を現代病に活かす 大山漢方堂薬局 岡山大学医学博士 徳島大学薬学修士 大山博行


 *-----------* <24時間 ・漢方メール相談受付中> 


◎基本情報 

ペットの飼い主のお名前とペットお名前と種類   

ペットの生年月日(分かる範囲で、)   

ペットの性別    男 

体 長 cm   体 重kg

以下、ペットの飼い主の情報です。

ご職業   


郵便番号  

ご住所   

電話番号    勤務先名等

E-mail address.    (正確に、ご入力下さい)



備 考  



以下、ペットの情報です。

◎現在のペットの体調、がんの状態について、不安に思っていることなど、できるだけ詳しくご記入ください。

(思っているままの言葉で記入してください)



◎現在、特にペットが服用中のお薬(西洋薬、漢方薬)、健康食品などがあればご記入ください。
 (それを服用して具合はどうですか)




◎これまでに、飲ませたことのある漢方薬があればご記入ください。
 (その漢方薬の効果はどうでしたか)




◎これまでに大きな病気にかかった事がある場合はご記入ください。
 (どのような治療を受けましたか、その後の経過はどうですか)




◎ペットの体質について、当てはまるものを チェック または ご記入ください。(飼い主の判断にお任せします。)

[体格]  がっちりしている  やせている  中肉中背  やや太っている  太っている

[体力]  強い  弱い  普通   疲れやすい  風邪ひきやすい

[体質]  アレルギー体質  冷え症  汗かき  のぼせ症  寒がり  暑がり  胃腸が弱い

[性質]  神経質   苦労性   神経過敏   怒りっぽい   イライラする   気が沈む

      不安感   意志が強い   楽天的

[全身]  疲労感   ねあせ   不眠( ねつき悪い、 熟眠できない、 よく夢を見る)

      よく眠れる   ○睡眠時間 時間位   息切れ   精力減退   肩こり

      むくみ( 手、 足、 顔、 全身)

[食事]  ペットフードが多い   偏食が多い   好き嫌いはなし  

      特に好きなもの    特に嫌いなもの 

      その他の食べ物、水以外の飲み物 ( )   ダメな食べ物(アレルギーなど)  

[大便]  日に 回   便は気持ちよく( 出る 出ない )  便秘気味  下痢気味  便秘、下痢交互

      お腹が張る   大便の状態( 普通、 硬い、 軟らか、 水様、 コロコロした便、 泥状 )

[小便]  日に 回   夜間回  排尿痛  膿が混ざる  残尿感  出しぶる

      色( 透明、 濁る、 黄色 )  量( 多い、 普通、 少ない )

[婦人科 女性(♀)のペットの方のみお答えください]

     生理 日型 周期が( 早くなる 遅くなる )  月経量が( 多い、 少ない、 普通 )  生理なし

      月経の( 前、 中、 後 )に騒ぐ、はしゃぐ、鳴く、    出産経験( ない、 ある 回 )

     去勢手術をしている   現在妊娠中



「 相談申し込み 」 ボタンをクリックすると自動的に送信されます。

    


ペットの病気漢方相談

「お急ぎの場合は、直接、先生と、お話しください。0283-22-1607」

獣医東洋医学会 副会長 医学博士 獣医師 小松靖弘

大山漢方堂薬局 岡山大学医学博士 徳島大学薬学修士 大山博行

無料相談電話受付
0283-22-1607
(月~金)
9:00~18:00


Dr.Ohyama Kampo Pharmacy.

獣医東洋医学会 副会長
医学博士 獣医師 小松靖弘

大山漢方堂薬局
医学博士 薬剤師 大山博行

ペットが喜ぶ東洋医学 「アニマル漢方相談室」

大山漢方堂薬局
TEL : 0283-22-1607




犬 猫 うさぎ フェレット ペットの健康と漢方薬
皮膚病 アレルギー 耳の病気 骨の病気
呼吸器の病気 太りすぎ 不妊 ボケ エイズ
ペットの病気漢方相談、ペットの悩み漢方相談


ペットの病気漢方相談

「お急ぎの場合は、直接、先生と、お話しください。0283-22-1607」


獣医東洋医学会 副会長 医学博士 獣医師 小松靖弘

大山漢方堂薬局 岡山大学医学博士 徳島大学薬学修士 大山博行

無料相談電話受付
0283-22-1607
(月~金)
9:00~18:00


ペットの病気 漢方相談 お申し込みフォーム
犬さん、猫さん、ウサギさん、フェレットさん
(ワンコ、ニャンコ、ウサコ、フェレコさん)の
腸炎、外耳炎、結膜炎、皮膚炎、椎間板ヘルニア、気管支炎
胃腸炎、肥りすぎ、不妊、アレルギー、皮膚病、ボケ、エイズ
「犬の病気」胃拡張、胃捻転、クッシング病、免疫疾患、免疫異常、がん癌
「ネコの病気」ネコ伝染性腹膜炎、猫エイズ、猫白血病、
甲状腺機能亢進症、肝炎、肝硬変、
ウイルス性呼吸器感染症、がん癌
フェレットの悪性リンパ腫
の悩み漢方相談




犬、猫、うさぎ、フェレットも人間と同じ哺乳類です。
人がかかる病気のほとんどはペットもかかります。
ですから、約2000年の英知から生まれた東洋医学は、
犬、猫、うさぎ、フェレットにもとても効果があります

' sohhaku OHYAMA ' memorial  Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.

漢方を現代病に活かす!「 大山漢方堂薬局 」

栃木県佐野市金屋仲町2432
TEL & FAX :0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)

 


「ペット漢方相談室」
ペットの健康と漢方薬 ペットの病気漢方相談

「ペット漢方相談の多い病気」
がん、腎臓病、心臓病、肝臓病、糖尿病、
てんかん、腸炎、外耳炎、皮膚炎、結膜炎
椎間板ヘルニア、気管支炎、胃腸炎

「犬ペット漢方相談の多い犬種」

①トイ・プードル②チワワ③ミックス*④ミニチュア・ダックスフンド⑤柴犬⑥ポメラニアン
⑦ヨークシャー・テリア⑧ミニチュアシュナウザー⑨シー・ズー⑩マルチーズ



「猫ペット漢方相談の多い猫種」

①スコティッシュフォールド②アビシニアン③アメリカンショートヘア④アラグドール
⑤ロシアンブルー⑥マルチカン⑦ソマリ⑧ノルウェジャンフォレストキャット
⑨メインクイーン⑩シャルトリュー


ペットの病気漢方相談
特別漢方相談:




ペットのがん癌、腎臓病、心臓病、肝臓病、
糖尿病、太りすぎ、アレルギー、皮膚病、
てんかん、不妊、ボケの悩み漢方相談


「犬の多い病気」
腸炎、胃拡張、胃捻転、クッシング病、免疫疾患、免疫異常、

「ネコの多い病気」
ネコ伝染性腹膜炎、猫エイズ、猫白血病、甲状腺機能亢進症、
肝炎、肝硬変、ウイルス性呼吸器感染症、

「うさぎの多い病気」
不正咬合(ふせいこうごう)、毛球症(もうきゅうしょう)、
腸コクシジウム症、抗生物質起因性下痢、
クロストリジウム症、
大腸菌症、パスツレラ感染症、尿管結石、腎結石、
骨折、斜頸、子宮癌、熱中症

「フェレットの多い病気」
悪性リンパ腫、腸閉塞、副腎腫瘍(悪性)、
膵臓癌(インスリノーマ)、脾臓腫大

ペットの病気漢方相談
「お急ぎの場合は、直接、先生と、お話しください。0283-22-1607」


獣医東洋医学会 副会長 順天堂大学 医学博士 獣医師 小松靖弘

大山漢方堂薬局 岡山大学医学博士 徳島大学薬学修士 大山博行

無料相談電話受付
0283-22-1607
(月~金)
9:00~18:00


「インターネットで見た」
とお話ください。