漢方専門 大山漢方堂薬局
特集:弓帰調血飲第一加減
(きゅきちょうけついんだいいちかげん)

弓帰調血飲と第一加減

 色々な書物にはこの処方の解説として「産後一切の気血を調理する」「貧血を補い、悪露悪血を去り、
脾胃消化器系の働きを良くし、産後血の道症に起こる自律神経失調の諸々神経症に用いてよい」となっています。
症状として産後の不調、産褥熱の軽症、産後の頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、のぼせなど、
自律神経失調、産後の血の道症、乳汁分泌不足、血脚気、月経不順などに使われます。
中医学的には「気血両虚あるいは気虚の方のお血」ともいわれます。
産後だけでなく、虚弱体質の方で生理の後に色々な症状が出る方に使い、
生理痛で軽く張って、経血がだらだらと続く場合にも効くこともあります。
 生薬としては当帰・川弓・熟地黄・白朮・茯苓・陳皮・烏薬・香附子が配合されています。
 産後などにおなかが柔らかくなるのが普通のところ、逆に抵抗圧痛がひどくて、
下肢に血栓症の疑いがある場合には第一加減として、熟地黄を去り、
芍薬・乾地黄・桃仁・紅花・桂枝・牛膝・枳殻・木香・延胡索を加えて活血化おの力を高めています。
この処方になると、ベースにあるのは四物湯になり、そこに桃仁、紅花が入ることで
「桃紅四物湯」という活血化於薬の基本処方が処方の中に出てきます。
ですから、やはり「虚」という状態に対しての配慮があり、
それぞれの生薬量も少ないので逆に店頭では使いやすい処方になっています。
とくに方意を汲んで、お客さんの体の状態により、補気を増やしたり、
補血を増やしたりすることで長期的にも服用していただきやすいようにもできます。
「気滞」に対しても配慮がしてあるので、更年期などに起こる手先のしびれなどにも良いことが良くあります。
あと貧血のめまいで肩こりがあり、これといって水が悪さをしていないような方に、この処方でめまいが消えることも良くあります。
 いずれにしても体力的に桂枝茯苓丸や桃核承気湯等が負担になりそうな方に、使いやすい処方です。

次ページ